前へ
次へ

レーザー脱毛を受ける際の肌へのダメージ

医療レーザー脱毛を受ける場合に注意しなければならないのは、身体へのダメージです。
現在では多種多様な機械が導入されていますが、その内の大部分を占めるのはメラニン色素に反応するタイプです。
毛は基本的に黒っぽい色をしているので、そこを頼りにして機械は脱毛を促します。
熱を生み出して、毛が発生したり成長する仕組みを破壊するわけです。
しかし色素は何も毛だけではなく、毛にも少なからず存在します。
したがって広範囲に照射するレーザーだと、肌でも熱を生み出してしまいます。
脱毛施術を行なうところでは冷却などのケアによって対処されますが、痛みの具合はあくまでも個人差があります。
なので特にサロンなどで肌を黒っぽくしていたり、生まれつき色素が多い人は注意が必要です。
毛が生える仕組みを破壊するほどのダメージが、肌にも与えられかねません。
色素に関係しないメカニズムを持ったレーザー脱毛を導入しているところもあるので、そちらを選択した方が賢明かもしれません。

Page Top